ゲーセン内でバイク暴走

横浜にある、大きなアミューズメント施設で館内をバイクで走る映像が撮影され動画投稿サイトにアップロードされた。
これをうけた施設は、警察に被害届を提出。
バイクに乗っているのは少年と見られ、警察は建造物侵入などの疑いで行方を追っている。
映像では、1階入り口から乗り入れたバイクが施設内を1分半に渡り走行し店の外にでる様子が映っている。
施設によると怪我人や器物損壊はなかったというが、とんでもない話だ。そしてなぜ動画を投稿しようと思ったのか気になる。

「オソロシイ犬。絶対かみます」可愛い顔した柴犬が!?

鳥取市内の摩尼山の駐車場から、摩尼寺の石段へ続く道には山菜料理店などが並んでいます。
その中に”門脇茶屋売店”というお店が。
そこには可愛らしい柴犬がいます。オスの龍之介(3)です。
しかし注意書きには『かわいい顔してますが実はオソロシイ犬です ぜったいかみます』と書いてあるんです。
店主の門脇清恵さん(77)は『飼い主でも関係なくかみつくんです』と話しています。
龍之介は動物病院でケガの治療を受けて以来、人の手が嫌いになってしまったんだとか。
門脇さんは約35年前から柴犬を飼っていて、龍之介で3代目になり、歴代でも一番の名物犬なんだそうです。
わざわざ会いに来てくれる方もいるそうで、”招き猫”ならぬ”招き犬”ですね。
絶対に噛む犬、是非会ってみたいですね。

車の窓にしがみついた男性

カーアクションのシーンで、車のフロントや天井にしがみついたまま走行するシーンがある。
日常でそんなことが起これば、間違いなく事故だろう。横浜市で5日、そんなできごとがおきた。
41歳の男が運転する車が、横断歩道で36歳の男性と接触し、男性は警察に通報しようとした。しかし、男が逃走しようとしたため、男性は車の窓にしがみついた。
運転手の男は、塗装業・高野晃一容疑者。そのまま1.3キロも車を走らせ、この男性を振り落とし殺そうとしたとみられている。この事故で男性は両腕に軽い怪我をおった。
翌日になり高野容疑者は警察に出頭。「初めて事故を起こし、パニックになり逃げた」と罪を認めたが殺意はなかったとしている。
ぶつかったとはどの程度なのだろう。車にしがみついていられるなら当初怪我をおっていなかったのではないかと思う。

サイ、自分の名前を認識?

動物が自分の名前を、「名前」として認識しているかどうか。犬や猫、鳥などペットとして飼育されていたり、イルカやゾウなど知能が高いとされている動物は認識しているとされる。名前を呼ぶと返事もするし、駆け寄ってくるからだ。
南アフリカの保護団体によってサイも名前を認識している可能性があるとわかった。
動画をネットでみることができるが、遠くに走っていった保護中の子供のサイへ呼びかけると、サイが走って戻ってくるのだ。
このサイは保護されたあと、ボランティアスタッフや犬と過ごしているためより従順になったのかもしれない。
今では、スタッフと散歩するのが好きだそうだ。サイの名前は「ワーレン」。気になった方はぜひ動画を見てみてほしい。

少女にいかがわしい行為

広島市南区で18歳未満だと分かっていたにも関わらず17歳の少女にいかがわしい行為を行い、現金3万5000円を渡したとして、庄原市西城町の僧侶の男性(27)が児童買春・児童ポルノ法違反の疑いで逮捕されました。
インターネット上の書き込みで援助交際をしていた被害少女を見つけ、男性の逮捕に至ったそうです。
少女とはSNSを通じて知り合っており、男性は容疑を認めています。
インターネットも警察は監視でき、何でも御見通し状態ですね。
悪いことはできないということです。
プライベートも覗かれてしまうのか、と思う反面で、そういうことをしないと見つけられない闇があるんだなと感じました。
被害を受けた少女も会いに行ったという点を見ると、反省すべき点がありますね。
お互い反省をしてほしいと思いました。

はるな愛、22歳の新恋人明かす

タレントのはるな愛が6月28日、都内で行われた「WELCOME TO JAPAN PROJECT」での壮行会前の囲み取材に出席をしました。
先日、テレビ番組で新恋人の存在を告白していた、はるな愛は改めて報道陣に追及されると「一般の方で年齢は22歳。ハンカチ王子に似てるかな?」と笑顔で明かしました。
「今は、本当に幸せです!」と満面の笑みを浮かべて「食事会で出会って、お付き合いしましょうと・・・。向こうも同じタイミングで。相思相愛みたいな」と終始のろけた表情を浮かべていました。
現在、交際3ヶ月目だといい「春が来た!って書いといてください」と幸せオーラを振りまきました。

チケット詐欺で未成年逮捕

ジャニーズ事務所やEXILEグループのコンサートチケットは高倍率で入手がとても難しい。高額で転売されるのももはや恒例になっている。
この、ジャニーズ事務所所属アイドルグループ「KAT-TUN」などのチケット詐欺で未成年の少女2人が逮捕された。
2人は無職で、今年3月に実際は無いKAT-TUNなどのコンサートチケットを売ると嘘をついて、3人の女性からチケット代計5万6千円をだましとったとされている。
警察の調べに対し、2人は家出をしていて食事や洋服を買うのに使ったと容疑を認める供述をしているという。
譲渡の募集をかけたのはSNSのツイッターで、同様に86人ものファンから計200万円をだまし取った疑いがある。
転売詐欺の事件はよく見るが、家出した未成年がこれで生活しているとは驚きだ。

電車内で女性の髪を切った疑い…

電車内で女性の髪の毛をはさみで切ったとして、神奈川県警は20日、横浜市旭区の私立高校2年の少年(17)を暴行の疑いで現行犯逮捕しました。
「性的欲求を満たすためにやった」と容疑を認めているということです。
緑署によると、少年は20日午前7時45分ごろ、横浜市のJR横浜線中山駅と鴨居駅間を走行中の電車内で、東京都町田市の女性会社員(25)の髪をはさみで切った疑いがあるそうです。
少年と女性に面識はなく、女性が被害に気づきました。

このところ悪質な事件が多いように感じます。
こういった事件がなくなることを、願うばかりです。

目の下のしわを消すローションを発明

目の下にできたしわを一時的に消せるというローションを、米マサチューセッツ工科大学(MIT)の研究チームが発明し、このほど米科学誌ネイチャー・マテリアルズに発表したとのこと。
このローションは米食品医薬品局の安全認定を受けた一般的な化学薬品を使用。皮膚に塗ると目には見えない弾力性のある膜ができて「第2の皮膚」を形成し、しわが隠せる仕組みだという。170人の被験者に試してもらったところ、誰にもアレルギー反応は出なかったそうだ。
膜は酸素の原子とシリコンの原子を組み合わせたポリマーで構成されていて、研究チームでは化粧品や医薬品としての製品化を見込んでいるという。皮膚を覆って乾燥から守れることから、しわを隠すだけでなく湿疹などの皮膚疾患の治療にも役立てられる見通しだという。
研究を主導したMITのダニエル・アンダーソン教授によると、ローションは2段階で使用するそうだ。まず最初に透明な液体を塗るが、これだけではできた膜の強度が不十分なのでしわなどを隠したい場合は2番目のローションを塗って幕の強度を高めるとのこと。
乾くまでにかかる時間は1分足らず。汗をかいたり顔を洗ったりしても落ちる心配はないそうだ。膜を落とすための専用クレンジングも開発したものの、数日経てば膜は自然にはがれてくるという。
アンダーソン氏は、この研究に資金を提供した民間企業リビング・プルーフの創業者でもあるそうだ。製品化までにはまだ数年かかる見通しだとしているという。
多くの女性はもちろん、アトピーなどの皮膚疾患に悩む人にとっても嬉しい発明だ。製品化が待ち遠しい。

ネス湖に無人探査機、見つかったものは

英北部スコットランドにあるネス湖。UMAの先駆けともいえるネッシーが古くから話題だ。
今回、ネス湖に無人探査機が潜ると、怪物のような物体が発見されたという。地元ではついに「ネッシー」が見つかったかと期待されたが、地元観光局によると40年以上前に撮影された映画のセットの残骸だそうだ。
探査機はノルウェーの石油会社が、ネス湖の詳しい湖底図を作成するために潜らせた。ネス湖の最大水深は230メートルで、細かな様子はわかっていないという。
その際、首の長い怪物のような9.15メートルの物体を、観光局はこれをうけて「ネッシーのような形だが、怪物の死骸ではない。沈んだ模型と思われる」と発表している。
この模型は、1970年のビリー・ワイルダー監督の映画「シャーロック・ホームズの冒険」で使われたもの。映画には怪物のような形をした潜水艦として登場するという。
他にも、長さ8.2メートルほどの船の残骸、第2次大戦時に墜落した爆撃機、100年前の釣り船、競艇用ボートなどの残骸が見つかっているそうだ。
セット類は撮影後に撤去するものと思っていた。当時は環境保護に厳しくなかったのか。