3度の危機

永田裕司には、三度引退の危機があったらしい。

一度目は、ミルコ、ヒョードルに何もできず連敗した後。

ファンからの嫌がらせで家族がノイローゼになりかけた程だったそうだ。

そして、脳溢血で倒れた時もあった。

三度目は何だろう、と思ったら意外なところだった。

ビッグマウスラウドに抗争をしかけた時、新日とビッグマウスラウドが係争中だったとのことで、絡んだらまずいタイミングだったのだ。

当時新日の社長だった草間氏に、クビにされそうになったとのこと。

今、ミスターアンチエイジングとして永田の会場人気は非常に高い。かつてIWGPを10連覇した時よりも、扱いとしては前座クラスの今の方が人気がある、というのも皮肉なものだ。

木戸修の様に、最初からいぶし銀的な渋さが人気で、中堅レスラーだったパターンではなく、永田の場合はスターダムにのし上がっていたから尚更だ。

極端に

極端に長く続いているものには、何があるだろうか。

笑点は非常に長い。

それでいて、視聴率も基本的には18%以上、時には22%以上を記録し、週間バラエティ番組部門における視聴率も1位を記録することが多いらしい。

年配の視聴者が多いため、かつては大相撲中継がある場合には視聴率が15%程度まで落ちこむ場合も多かったが、近年はあまり影響を受けていないという。放送回数は2006年(平成18年)1月22日の放送で2000回に到達したそうだ。

キャベツ太郎

キャベツ太郎には、キャベツが入っていない。

特にキャベツの味がする訳でもない。

ネットで調べてみると、「キャベツ太郎は、確かに“キャベツっぽい”ことから、名付けられたようです。ただし、青のりが入っていたり、ソース味になったのは、キャベツを演出するためではないみたいです。もともと、あの丸くて青のりが散りばめられた、ソース味の駄菓子ができていて、それが総合的にキャベツっぽいことから、キャベツ太郎という名前がついたらしいんですよ」

ちなみに、どうしてキャラクターはカエルなんでしょう?
「これにも諸説ありまして、メーカーの所在地がガマガエルで有名な筑波山に近いことや、カエルが幸せの生き物であることから描かれているなどと言われています」

と、いくつか謎について答えていた。

プロキシーサーバについて

同一プロバイダの管轄内のような独立のネットワークの内部から、外部のウェブサーバにアクセスしデータを受け取る場合、一度目のアクセスでウェブサーバの返してきたデータをネットワークの出入り口に設置したプロキシに一時的に保存しておき(このプロキシ内のデータはキャッシュと呼ばれる)、次回からのアクセスはウェブサーバではなく、このプロキシサーバからキャッシュされたデータを受け取るようにすれば、データの取得を高速化できる。

しかし、ウェブサーバのデータが更新されてもプロキシサーバ内のデータが更新されていない場合もあるので、注意する必要がある。また、初めてアクセスするページに対しては、キャッシュが存在しないために、直接アクセスするよりも必然的に遅くなる。このため、インターネットが普及し始めた1990年代には、現在と比べて低速だった個別回線(ダイヤルアップ接続28.8から33.6kbps程度。)や、結節点のインターネットエクスチェンジ(IX)へのバックボーン回線の容量(数百kbpsから、多くても数Mbps程度)を補う目的で、多くのプロバイダで契約者用プロキシサーバが用意されたが、その後のIXやバックボーン回線の増強、2000年頃からの、ウェブページ(ウェブサイト)数の爆発的な増加や、いわゆるブロードバンドインターネット接続の普及などによって、プロキシは長所よりも短所の方が目立つようになり、単なるウェブサイトへのアクセスの高速化を目的としたプロキシサーバは廃止したプロバイダが多い。

ただし、後述のリバースプロキシの場合、負荷の大きいサーバに対してはむしろ増えている。
キャッシュ機能としてのプロキシサーバ用ソフトとしては、DeleGateやSquidなどが有名である。