「巫」の字、人名に使用可能に

法務省が7日付で戸籍法施行規制を改正し、子どもの名前に「巫」の字が使えるようになったそうだ。今回の改正で「巫」の字を使った出生届を受理するよう命じた司法判断が確定した。司法判断によって人名漢字が増えるのは「穹」「祷」が追加された2009年以来とのこと。きっかけとなったのは三重県松坂市の夫婦が起こした家事審判で、「巫」の字を使った子供の出生届けを市が不受理にしたことを不服を申し立てた。津家裁松坂支部は昨年3月夫婦の主張を認め、名古屋高裁も同8月に市の抗告を棄却し確定した。

戸籍法は子どもの名前で使う漢字について「常用平易なものでなければならない」と定めており、常用漢字、施行規則で定めた漢字、ひらがな・カタカナしか使えないことになっているらしい。一方最高裁が03年以降、「社会通念上明らかに常用平易である」漢字は常用漢字などでなくても使用できると判断して以降、司法判断によって「曽」「獅」「瀧」「昆」「駕」が追加されてきたそうだ。命名の幅が広がるのはいいが、難読な人名やキラキラネームを助長させないか心配だ。