レノボPC、個人情報流出の可能性

中国レノボ・グループのパソコン製品で、出荷時にパソコンに組み入れたソフトウェアに個人情報が流出する可能性がある欠陥が見つかったそうだ。
国内では2014年10月~2015年6月に製造・販売されたノートパソコン「YOGA3」の一部製品など16製品。同社はソフトを消すプログラムの無償配布を始めたという。
レノボ日本法人によると、このソフトは購入後、最初に起動したときのみ作動し、パソコンの基本性能をレノボ社に自動的に送信する機能がある。しかし、海外の専門家が今年3月、このソフトが原因でウイルスに感染したり、パソコンを遠隔操作された利する可能性があると指摘していた。
ソフトを消すプログラムを無償配布しているというが、大丈夫なのだろうか…。