朝食を抜くと脳出血になるかも

朝食をきちんと食べているだろうか。
朝食を食べる日数が、週のうち2日以下の人は、週7日食べる人に比べて脳出血をおこす可能性が36%も高まるという。この件について大阪大教授の磯博康氏と国立がん研究センターなどのチームが米医学誌に論文を発表した。
世界で初めて知られた事例で、磯教授によれば「朝食を食べないと、朝の血圧が上がるためと考えられる」とのことだった。
調査は、全国8県の45歳から74歳の男女計8万2772人を1985年から2010年まで追跡して行われた。
この調査期間に、脳出血を発症したのは1051人おり、朝食を食べる日数が週に2日程度の人は、脳出血の確率が36%高かったそうだ。
脳梗塞などと合わせた脳卒中全体の危険性も、毎日とる人に比べて18%高く脳梗塞単独では差はなかった。磯教授はこれを「脳出血に比べ、高血圧の影響が小さいためではないか」と分析している。 
さらに朝食を抜くと、肥満や高血圧につながる恐れもあるそうだ。冬場は特に朝起きるのが辛く時間がとれないかもしれないが、朝食を食べるように心掛けたいと思った。